« ぺイリン、今も人気(らしい) | トップページ | スターリンとベリヤ »

2009年12月17日 (木)

「 P I G S 」

ユーロの対ドル相場下落について、本日付日経新聞からメモ。

(ユーロに対する)不安の発火点となったのはギリシャ。2009年の財政赤字は国内総生産(GDP)比で12%超に達する見通しとなり、今月8日、一部格付け会社がギリシャ国債を格下げした。
これを受けて市場では多額の財政赤字を抱える国を不安視する動きが続いている。不動産バブルが崩壊し、失業率が20%に迫るスペインも国債格下げが取りざたされる。ポルトガル、イタリアを含めたPIGSと呼ばれる南欧諸国の経済基盤の弱さが懸念されている。

PIGS
ポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインの南欧4ヵ国の頭文字をつないだ造語。アイルランドを加えてPIIGSと
呼ばれることもある。金融市場が混乱した2007年以降、不動産バブルが崩壊し失業率も上昇した。08年半ばごろから欧米メディアに登場した。当該国には「差別的な名称」と反発する声もある。

・・・そりゃそうだよな、「ブタ」呼ばわりかい、ってなるよ。しかし正直、この言い方は初めて知った。少しネットを眺めてみると、確かに早い人は去年から使ってるんだ、へぇ~。

古代ギリシャ、ローマ帝国、中世のスペイン・ポルトガル王国も、今は昔(または大昔)の話で、21世紀のヨーロッパではお荷物扱いかあ・・・。

しかしながら、「多額の財政赤字を抱える国」と言われれば、日本だって他人事ではない。そうでなくても、新たに「衰退国」デビューを果たした国と、一部では見なされてるし。下手すりゃ「ブタの国」の仲間入り?

|

« ぺイリン、今も人気(らしい) | トップページ | スターリンとベリヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/32644780

この記事へのトラックバック一覧です: 「 P I G S 」:

« ぺイリン、今も人気(らしい) | トップページ | スターリンとベリヤ »