« 「現場の人」秀吉 | トップページ | 「韃靼の馬」からメモ。 »

2009年11月30日 (月)

「不滅の李舜臣」など。

昨夜(11/29)のNHKのETV特集、「豊臣秀吉の朝鮮侵略」は、まあまあバランスの取れた内容だったのではないか。「文禄・慶長の役」、その戦況や外交の推移を概観できる番組だと思われた。

P1030313 放送の中で戦闘再現シーンとして挿入されていたのが、韓国ドラマ「不滅の李舜臣」。ちょっと見ただけでも、相当本格的に「壬辰倭乱」(朝鮮側の呼び名)を取り上げていることが窺われるドラマ。韓国での放送は2004~2005年で、そういうドラマがあることは聞いていたのだが、DVDが今年日本で出ていたことを自分が知ったのはごく最近で、先日第5話までレンタルして見たところだった。一話50分、全部で100話を超えるこのドラマは題名通り、朝鮮救国の英雄であるイ・スンシンの物語。最初に戦乱の最終局面から始まり、第5話の冒頭、海戦中に船上で銃撃を受けて倒れたイ・スンシンの意識が遠のいていくところで、場面は転じて子供時代から改めて生涯を追っていくという形になっている。まあワタシはとりあえず前半生は飛ばして、次は(衝動買いした)「文禄の役」前編・後編BOXセット(第57話~第86話)を、ゆっくりと見ていくつもり。(上の写真は名護屋城博物館にある朝鮮水軍・亀甲船の模型)

このドラマの原作である小説「孤将」(新潮文庫)も購入。翻訳はあの蓮池薫さん。ほかに一般向けの本では、「週刊日本の合戦」№21(講談社、2005年)、「週刊戦乱の日本史」№22(小学館、2008年)、「文禄・慶長の役」(講談社学術文庫)、「秀吉の朝鮮侵略」(山川出版社)が既に手元にある(どれも千円以下の廉価な資料)ほか、ネット古本販売で「秀吉と文禄の役」(中公新書)も購入。フロイスの「日本史」から関連部分を訳出したもの。フロイスってヘンな外人だと思うけど、信長アンド秀吉についていろいろ書き残してくれた、後世を生きる我々にとってはホントに有り難い人。

あと、名護屋城博物館で図録「秀吉と文禄・慶長の役」も入手済であります。

しかしいろいろ買い込むのはいいんだけど、それをまた「消化」していかなかきゃならんのだよなあ。(汗)

|

« 「現場の人」秀吉 | トップページ | 「韃靼の馬」からメモ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/32434499

この記事へのトラックバック一覧です: 「不滅の李舜臣」など。:

« 「現場の人」秀吉 | トップページ | 「韃靼の馬」からメモ。 »