« 言語と自己と神と貨幣と | トップページ | 小田原一夜城まつり »

2009年10月17日 (土)

ラウドパーク09に行く

3年ぶり会場を千葉・幕張に移して開催されたラウドパーク。夕方から出動して、メガデスとジューダス・プリーストのライブを見た。

P1030270_2 自分がラウドパークに行くのは2度目。最初に開催された3年前、当時名古屋在住だったけど、幕張まで遠征して参加しましたです。その時もメガデス見ました。今回、来日としては2年ぶり、ラウドパーク登場は3年ぶりのメガデス。演奏曲はニューアルバムから「ヘッドクラッシャー」「1,320」の2曲。後はもう代表曲のオンパレード。

ジューダス・プリーストのライブに接するのは、自分は30年ぶり。このバンドは初期のハードロックの頃は聴いていたが、ヘヴィメタル路線になってからは関心が無くなってしまった。でも最新作の「ノストラダムス」は、なかなか良かったと思う。今回は自分の知ってる曲、要するに古い曲をやるのかどうかというのが自分的なポイントだったが、ライブ中盤に「切り裂きジャック」が飛び出して、ようやく目の前(といっても50メートルくらい先のステージ)にいるバンドがジューダス・プリーストなんだな、と実感した。他には「ビクタム・オブ・チェンジイズ」「ダイヤモンド・アンド・ラスト」が聴けた。お~古い曲もやるんだ、感心感心。ドラムの人の雰囲気がちょっと故コージー・パウエルに似てたな。

しかし昔はロック的には「30過ぎた奴は信用するな!」とか言ってたのに、今や40代、50代のロッカーは当たり前になっちゃいましたね。(苦笑)

|

« 言語と自己と神と貨幣と | トップページ | 小田原一夜城まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/31827387

この記事へのトラックバック一覧です: ラウドパーク09に行く:

« 言語と自己と神と貨幣と | トップページ | 小田原一夜城まつり »