« 力石の死とジョーの「死」 | トップページ | 言語と自己と神と貨幣と »

2009年10月14日 (水)

難病ALSの悲劇は続く

今日の新聞の社会面を見て、はっとする記事があった。

妻(65)の首を包丁で刺して殺害した相模原市の男(66)が逮捕された。
2004年8月、妻は難病ALSの息子の求めで人工呼吸器を止めると共に、自殺を図った。05年2月に嘱託殺人罪で懲役3年、執行猶予5年の判決を受けていた。
男の供述によると、うつ病の妻が「死にたい」と言うので刺した、という。自宅からは妻の遺書らしき書き置きも見つかっている。

この判決の事は記憶にあった。お母さんは、息子を死なせた罪の意識に苛まれ続けていたのだろうか。余りに痛ましい。ただただ悲しい。

ALSは本当に残酷な病だ。身体は全く動かなくなるのに意識ははっきりしている。遺伝子レベルの病とのことで、研究は進められているが治療法はまだない。最近も何かのテレビ番組で、最後は瞼も自分で開けなくなるので、そうなったら死を希望するという患者の話を見た・・・いわゆる安楽死の議論が最も緊迫化する病だろう。

自分も去年、左足先の麻痺の原因が「脊髄腫瘍」と特定されるまでの間、もしALSと診断されたりしたら自殺しなきゃいかんかな、とか思って少し緊張した。(汗)

で、脊髄腫瘍だった訳だが、腫瘍っていうのも悪性と良性で大違いという事で、自分の母親が悪性腫瘍で亡くなっているものだから、ここでまた少し緊張した。(汗)

で、良性の腫瘍ということで手術をした訳だが、今でも左足先の力の入り具合は右足に比べて8割から9割くらいか。歩行に不安定感残る。プチ障害者という感じ。

大原麗子の死にも感じ入るものがあったけど、病、特に難病のもたらす孤独、絶望、恐怖を想像することは、自分の生に対して何かしらの覚悟をもたらすように思う。・・・といってもとりあえず、やりたいことは先延ばしするな、くらいの感じですかねえ。(苦笑)

|

« 力石の死とジョーの「死」 | トップページ | 言語と自己と神と貨幣と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/31787204

この記事へのトラックバック一覧です: 難病ALSの悲劇は続く:

« 力石の死とジョーの「死」 | トップページ | 言語と自己と神と貨幣と »