« はりまや橋 | トップページ | パラダイムは転換したか »

2009年9月24日 (木)

いまどきの「女子」とは何か

最近、雑誌などで「女子」という言い方が結構目につくよなとか思っていたら、昨日23日付日経新聞1面コラム「春秋」でも取り上げていたので、「ほぉ~」という感じだった。コラムはまず「女子飲み」と称する飲み会が広がっている、と始めて以下のように続ける。

女子といっても中高生や学生ではない。メンバーは職場の同僚同士などで年齢は20代から40代くらい。
飲み会の名だけではない。ブログなどで30代女子や40代女子との自称は珍しくない。若々しく、過剰にこびを売らず、同性の目にさわやかで、男子と対等だが肩ひじは張らず、自立しているが寄る辺無さも残る。そんな意味合いを込めているようだ。

・・・いまどきの「女子」の意味の簡潔な説明で、参考になる。確かに「女子」といっても「女の子」ではない。女子高生でも女子大生でもない、仕事を持っている「女子」。昔なら「いい大人」の年齢なんだけど、「若々しい」。でも、オンナオンナしているわけではないから、「こびは売らない」。といって「肩ひじ張って自立してます」(それをやったら「女子」じゃなくて「女史」だな)というのでもない。「同性の目にさわやか」というと、それこそ女子の部活でリーダーになるようなキャラだろうか。

いまどきの「女子」という言葉の使い方に対して、中年男子?である自分は最初、正直違和感があった。それでも何度か目にしているうちに、だんだんあるイメージが感じられてくるのが不思議なところなんだよな。そこに上記のコラムを読んで、なるほど大体こんな感じですか、と認識いたしました。

|

« はりまや橋 | トップページ | パラダイムは転換したか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/31506644

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきの「女子」とは何か:

« はりまや橋 | トップページ | パラダイムは転換したか »