« 「意志の勝利」(シアターN渋谷) | トップページ | 映画「バラキ」(DVD) »

2009年8月21日 (金)

政権交代というか世代交代

今日の日経新聞1面に「民主 圧勝の勢い」、ドンと白抜きの大見出し。

う~む、これが二大政党小選挙区制というものか。まさにシーソーゲーム。

今回の総選挙で起きようとしているのは政権交代、というよりは世代交代なのだろう。

8月12日付日経新聞掲載の武村正義氏のインタビューから。

「自民党が高齢化してきた。後期高齢党になってきた。自民党の諸君は直さなければいけないと気が付いているが、直せない。民主党が伸びてきたというより、自民党が老いて人々の関心が若い民主党に向かっている」

立候補者の平均年齢は、民主党が自民党より5歳ほど若いとのこと。
若い有権者が投票所に足を運んで、若い民主党の立候補者に投票すれば、政治家の世代交代が行われて、結果的に政権交代も実現することになるのだろう。

昔は新聞の選挙調査で例えば与党優勢が伝えられると、有権者が「バランス感覚」を発揮して野党に投票するということもあったと思うが、今回は「世代交代」の動きは変えられないだろうから、このまま民主党が勢いを持続することになるのだろう。何しろ今の自民党を見直そうとしたって、その余地は殆ど無いと思えるし。

それにしても国際政治構造の激変をもたらした冷戦の終焉から20年、ようやく日本でも本格的な政権交代、いや世代交代か。遅いね。遅すぎる。

|

« 「意志の勝利」(シアターN渋谷) | トップページ | 映画「バラキ」(DVD) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/31050779

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代というか世代交代:

« 「意志の勝利」(シアターN渋谷) | トップページ | 映画「バラキ」(DVD) »