« ケインジアン対新古典派? | トップページ | 「意志の勝利」(シアターN渋谷) »

2009年6月28日 (日)

安土を歩く

今日のJR東海さわやかウォーキングは、滋賀県安土で開催。これまでも長浜、近江八幡、多賀大社など、しばしば近江地域でも開催されていたさわやかウォーキングだが、安土は初めて。新コースに参加しなければと、東京から遠征しちゃいました。

今回、JR東海ツアーズがおそらく初めて企画した、さわやかウォーキングを組み込んだ日帰りツアー商品を利用した。4月~6月の開催地の中から、東京出発の商品が設定されたのは佐久間レールパーク、豊橋・葦毛湿原、近江長岡の三島池、そして安土の4つのイベント。安土は往復新幹線+在来線そしてドリンク引換券のセットで13,400円である。偉いぞJR東海ツアーズ。(ただし申し込みはあんまり無かったみたいだけど・・・)

P1030070 さて米原まで新幹線、そして在来線に乗り換えて午前10時半頃に安土着。当地の天気は曇り。いつもと変わらない中高年の大群。皆さん熱心です。駅前では地元関係者と思しき人たちの歓迎を受ける。今秋公開予定の映画「火天の城」のパンフや、JR東海と西日本の合同製作らしき記念バッジなど諸々の配布物を受け取った後、まずは観音寺山のふもとにある信長の館、安土城考古学博物館を目指してウォーキングスタート。

P1030080_2 信長の館の入口には長蛇の列が出来ていた。館内では安土城の天守最上階部分の復元を展示している。が、今回はウォーキングコースを歩くことに専念するつもりだったので、信長の館も博物館も通過。次はJR線路を挟んで向かい側にある安土城跡へ。久しぶりに来たら有料となっていた。史跡を維持保存するためには仕方ないかな。今回はとりあえず入口で大手道の石段を写すだけで先に進む。後は常浜水辺公園、浄厳院、沙沙貴神社と回って、午後1時に安土駅に戻った。コース距離約8.8㎞。

P1030082 特に寄り道はしないで午後4時過ぎには東京駅着。安土は昼頃には陽射しが出て暑くなったが、東京に帰ったら結構まともに雨が降っていた。場所が変われば天気も変わる、日本は広いよ。

もう少しJR東海ツアーズ商品について書くと、新幹線はこだま自由席を利用せよとの事だったけど、貰った切符には「新幹線自由席」と記されていたので、ひかりにも乗ってしまいました。もしまた企画する時があれば、少し値段を高くしても構わないから、東京出発の商品は、こだま・ひかり利用可にしてもらいたいね。

|

« ケインジアン対新古典派? | トップページ | 「意志の勝利」(シアターN渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/30322725

この記事へのトラックバック一覧です: 安土を歩く:

« ケインジアン対新古典派? | トップページ | 「意志の勝利」(シアターN渋谷) »