« チャプター11 | トップページ | 医療崩壊と制度の歪み »

2009年4月10日 (金)

オバマの核廃絶宣言

今週初めの出来事で北朝鮮のミサイル発射よりもインパクトがあったのは、オバマ大統領の「核廃絶」宣言。5日にプラハで行われた演説の一部をメモ。(アサヒドットコムより)

米国は、核兵器国として、そして核兵器を使ったことがある唯一の核兵器国として、行動する道義的責任がある。

今日、私は核兵器のない世界の平和と安全保障を追求するという米国の約束を、明確に、かつ確信をもって表明する。この目標は、すぐに到達できるものではない。おそらく私が生きている間にはできないだろう。忍耐とねばり強さが必要だ。

まず、米国は、核兵器のない世界を目指して具体的な方策を取る。
冷戦思考に終止符を打つため、米国の安全保障戦略の中での核兵器の役割を減らすとともに、
他の国にも同じ行動を取るよう要請する。
核弾頭と貯蔵核兵器の削減のため、今年ロシアと新たな戦略兵器削減条約を交渉する。
核実験の世界規模での禁止のため、私の政権は、直ちにかつ強力に、包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を目指す。
次に、我々は核不拡散条約(NPT)を強化する。国際的な査察を強化するために(国際原子力機関に)さらなる資源と権限が必要だ。
今日私は、テロリストなどに狙われうるあらゆる核物質を4年以内に安全な管理体制下に置くため、新たな国際的努力を始めることを発表する。
米国は一年以内に核管理に関する首脳会議を主催する。

我々が平和を追求しなければ、平和には永遠に手が届かない。人類の運命は我々自身が作る。我々にはできるはずだ。

・・・アメリカの大統領が核廃絶を宣言する。在り得ないと思っていたことが現実になっている。かつてのベルリンの壁崩壊にも匹敵するインパクト。核廃絶は大統領選挙の時からの公約だったそうだが、やはり実際に大統領の言葉として語られたことの意義は計り知れない。「チェンジ」は単なるスローガンではなかった。変革に本気なのだと感じられるリーダーはゴルバチョフ以来という思いだ。どんな分野でもリーダーは自らの本気を伝えてこそ、リーダーとして支持される。言うまでもなく今の我が国にリーダーは不在だ。

|

« チャプター11 | トップページ | 医療崩壊と制度の歪み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/29043678

この記事へのトラックバック一覧です: オバマの核廃絶宣言:

« チャプター11 | トップページ | 医療崩壊と制度の歪み »