« レーニンの「帝国主義」 | トップページ | 世界不況と日本の宿題 »

2009年3月15日 (日)

カントとニーチェ

人生に生きる価値はない』(新潮社)と題された中島義道の哲学的エッセイ集を読む。なかなか面白い。書名もそうだが、とにかく実も蓋も無い書き方が中島先生の真骨頂。例えば、「すべての人は、ごまかし通すのでない限り、常に自分が死ぬことに怯え、何が正しいか悪いかもわからず、生きている意味も見出せず、虚しさを呑み込んで死ぬだけ」(「哲学と心の病」)、という按配だ。

そんな中島先生は最近、突如としてニーチェの思想が腑に落ちた、らしい。

私のニーチェとの「出会い」は、「永遠回帰」の思想がある時はっとわかったからである。それは、単純この上ない真理であって、この世の何ものもいかなる意味(目的)もない、ということ。すべては偶然である、いや偶然とは必然との関係においてある用語だから、すべてはただ生ずるだけなのだ。

だが、ほとんどの人はこのことを承認しようとしない。打ち消そうとしても、気がつくと人生に何かしらの意味=目的を求めてしまっている。そうした弱さを完全に拒否すること、それをニーチェは延々と言い続けているだけである。(「ニーチェの季節」)

そして中島先生によれば、カントはニーチェに近い、らしい。

カントが教えてくれることは、すべての「目的」は、人間理性が自然に持ち込んだものにすぎないということ。自然にも、歴史にも目的なんぞ片鱗も含まれていない。ただ、われわれ人間の眼にはあたかも目的があるかのように見えてしまうだけ。これは、もうほとんどニーチェである。

じつは、カントは一般に考えられているよりはるかにニーチェに近い。カントは神を半殺しにし、ニーチェは神を完全に殺した、とはよく言われることであるが、カントは神に致命傷を負わせ、「殺した」のではなく、「死ぬにまかせ」たのだ。

「明るいニヒリズム」は、カントとニーチェを結ぶところに発生する。それは、まずわれわれ人間に降りかかるこの世のあるいはこの世を越えるすべての事象が完全に無意味であることを認めること、とりわけわれわれが最も関心を持つ超越的対象(神、魂、自由)の意味の確定はわれわれ人間の能力を超えていることを潔く認めることなのだ。(「明るいニヒリズム」)

・・・とりあえず、形而上学に対する姿勢としては、カントは認識論的には不可能としながらも道徳的には要請したのに対して、ニーチェはより徹底的に認識論的にも道徳的にも否定した、ということはいえるだろう。

また、カントとニーチェを直接結び付けるのは違和感があるにしても、二者の間にショーペンハウアーを入れると、影響関係としては間接的に繋がることになる。カント~ショーペンハウアー~ニーチェ。これとは違う繋がりになるけど、昔、哲学を少し齧っていた頃、カント~ショーペンハウアー~キルケゴール~ウィトゲンシュタインという「系譜」説を何かで見た覚えがある。いずれも人間(理性)が確実に知ることができる限界を見定めようとした哲学者、という繋がりだ。まあ何にしても、分かることと分からないことの境界すら分からないまま死んでいくのが人間なのかな、という気もするけど。

|

« レーニンの「帝国主義」 | トップページ | 世界不況と日本の宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/28621106

この記事へのトラックバック一覧です: カントとニーチェ:

« レーニンの「帝国主義」 | トップページ | 世界不況と日本の宿題 »