« 2008年の経済書 | トップページ | 資本主義とグローバル化の行方 »

2009年1月 5日 (月)

神田明神に初詣

今日1月5日は証券取引所の大発会、証券会社も仕事始め。そして取引が午前中で終了する半日立会いも今日で最後。というのは、今年の大納会と来年の大発会は終日立会いとなる予定なので。つまり次の年末年始は証券会社も半日営業からフルタイムになってしまうのだ。嗚呼。・・・という訳で、最後の半ドン(死語か?)を活用するべく、午後は神田明神に初詣に出かけた。

神田明神は比較的こじんまりしたスポットなので、例えば浅草寺や明治神宮に比べれば、短時間でお参りできると記憶していたのに、神社に着いたら人がぎっしり。商売の神さまだからサラリーマンが多いとは聞いていたが、まさしく仕事始めのサラリーマンばかりで満員電車状態なのだった。神田明神の初詣は正月三が日よりも休み明けの方が混んでいるということを実感しました。

|

« 2008年の経済書 | トップページ | 資本主義とグローバル化の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/26868887

この記事へのトラックバック一覧です: 神田明神に初詣:

« 2008年の経済書 | トップページ | 資本主義とグローバル化の行方 »