« 「承認」という「問題」 | トップページ | 勝間式「読書」提案 »

2008年10月 7日 (火)

「現在価値」は万能ではない

本日付日経新聞のコラム「一目均衡」(筆者は末村篤・特別編集委員)からメモ。

投資銀行が担った金融文化の特徴は、あらゆる資産を市場取引の対象とするために、価格を時価で評価する会計思想である。市場価格がないものにまで「時価」を付ける「現在価値革命」の暴走と挫折が、投資銀行を葬り去った。

現在価値革命は、資産価値を過去の費用や利益の積み上げではなく、将来収益の割引現在価値で認識し、すべての金融取引に適用する金融文化を指す。会計上の資本概念は、払込資本に内部留保を加えたものから、時価評価後の資産から負債を引いたものにコペルニクス的転換を遂げた。

計測できないものも計測し、時価を利用し尽くす欲求は、80年代以降の金融資本主義に由来する。株の交換価値は時価、企業の予想収益の割引現在価値であり、高いほど歓迎された。「市場の要請」の名の下で、進行したのが現在価値革命といえる。

IT(情報技術)株バブル崩壊で、2000年代は証券化商品の時代となる。住宅ローンなどを原資産とする資産担保証券を分解・合成した金融商品の価格(時価)は金融工学がはじき出した理論値にすぎない。計算の前提が狂い、価格に疑問が生じれば、市場は消滅し価格も消える。

米金融安定化法は「時価会計凍結」を盛り込んだ。批判は簡単だが、そもそもの価格(評価)に問題があったのだ。行き過ぎた市場主義の問題の根は深い。

投資銀行の消滅で始まる金融文化の見直しでは、高レバレッジ経営とともに現在価値革命の修正が課題になる。

・・・資本主義とは「とらぬ狸の皮算用」なのかと思う。「将来収益」といい「割引現在価値」といい、計算の前提がどこまで合理的あるいは現実的なのか、疑いを挟む余地が大きければ大きい程、資産価値の妥当性も曖昧になっていく。時価評価の規律維持を担保する仕組み作りは必要と思われる。(具体的な事柄は正直思いつかないけど)

|

« 「承認」という「問題」 | トップページ | 勝間式「読書」提案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/24339977

この記事へのトラックバック一覧です: 「現在価値」は万能ではない:

« 「承認」という「問題」 | トップページ | 勝間式「読書」提案 »