« アイルランド躍進の理由 | トップページ | 備中高梁へ行く »

2008年7月18日 (金)

MRI検査

手術から3ヶ月が過ぎ、今日は退院後初めてMRI検査を受けた。

身体内部の画像を撮るため、狭いトンネルの様な装置の中に身体ごと入れられて、ビーとかブーとかドドドドとかの騒音に晒されながら、計40分程じっとしたまま過ごす。初めて経験した時はウンザリした。これで3、4回目になるけど、やっぱり嬉しくない検査。

1時間後に画像を確認しながら診察を受ける。

自分が手術した病気は脊髄腫瘍。字面が物々しいし、響きも何だかデンジャラス。診断されるまで全く知らない病気だった。年間10万人に1~2人程度の発症率で、脳腫瘍よりもはるかに少ないのだという。いやはや。脊髄腫瘍と呼ばれる病気は、さらに硬膜外腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、髄内腫瘍に分けられて、自分の病気は硬膜内髄外腫瘍の神経鞘腫というもので、とりあえず良性の腫瘍・・・なんだけど、具体的には未だに何がどうなっていたのかよく分からない。ていうかあんまり知りたいとも思わないけど。(特に手術の具体的な様子なんて、ちょっと想像するだけでも超スプラッターだし・・・)

左足先に充分力が入らないのが自分の症状で、手術で腫瘍を取り除いた後も、それまで圧迫されていた神経が回復するのに時間がかかる見込み。次回の診察は3ヵ月後。

|

« アイルランド躍進の理由 | トップページ | 備中高梁へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/22388429

この記事へのトラックバック一覧です: MRI検査:

« アイルランド躍進の理由 | トップページ | 備中高梁へ行く »