« 『日本に古代はあったのか』 | トップページ | 応仁の乱! »

2008年7月15日 (火)

将棋棋士今昔

新聞のテレビ欄を見た時に、「内藤国雄“おゆき”」との文字が目に止まり、「むむっ」という感じがした。まさか、あの歌う将棋棋士内藤國雄が出演するのかねえと思いつつ、夜7時からのNHK「歌謡コンサート」を見たら、ホントに内藤先生が出てきて30年前の持ち歌である「おゆき」を唄ったのものだから、「先生、どうしたんですか」と何だか妙な気分にさせられた・・・(もう将棋は引退して歌手に専念ですか)。当時、歌手デビューした棋士として話題になった内藤先生、「歌と将棋とどっちが好きですか」と聞かれて、「勝ち負けが無ければ将棋の方が好きですね」と答えていたので、先生、それじゃ名人になれないよ、でもそこが好き、とか妙なファン心理を抱いていたワタシだった。

そんな自分は将棋については基本的にオールドファンで、現在の将棋界にはあんまり関心が湧かないのだけれど、何となく同じ夜10時からのNHK「プロフェッショナル」も眺めてみた。番組は、羽生善治と森内俊之のライバル対決となった今年の将棋名人戦を特集。盤上盤外の二人の表情や行動を映し出していたほか、番組スタジオで個別にインタビューする場面もあったのだが、話を聞いていると、才能や技術だけではどこかで停滞する時期が出てきて、そこから新たなステージに進むためには、やはり「人間的な成長」が必要になるのだなと、まあかなりベタな感想を持ちましたね。

羽生が若いときの驚異的な勢いを失ってきた時に、お手本にしたのが、還暦を過ぎても現役で指し続けて自分の将棋を極めようとする先輩棋士たち。という感じのナレーションが被せられる映像は、(名前は示されないけれど)中原誠、内藤國雄、加藤一二三という面々。中原や加藤、あと米長邦男も、名人戦の立会いや控え室に姿を見せていたけど、あー、やっぱり皆さん年取ったなあ。自分の若い頃の「アイドル」が老けると、自分も年を取るのはしょうがないかなと思える。(よく分からん感想)

|

« 『日本に古代はあったのか』 | トップページ | 応仁の乱! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋棋士今昔:

« 『日本に古代はあったのか』 | トップページ | 応仁の乱! »