« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

『クアトロ・ラガッツィ』(下巻)

1582(天正10)年2月、伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルティーノの4人の少年使節一行は長崎を出発。2年半後の1584年8月リスボン到着、11月フェリペ2世に謁見。1585年3月、ローマ到着、教皇グレゴリオ13世に謁見。少年使節はローマ市民の間に熱狂的な感動を巻き起こした。教皇庁にとっても、はるかな東方からの使節の来訪は、宗教改革という危機の最中にあったカトリック教会の勝利を意味したのである。

さて、少年使節らがローマに来て18日目、1585年4月10日にグレゴリオ13世は死去。すぐに次の教皇選出が始まる(第五章 ローマの栄光)。例のコンクラーベというやつである。ここで面白い(と言って良いのかな)のは、本命と思われている人は選ばれない、ということ。ローマ市民に絶大な人気があったのはファルネーゼ枢機卿という人。にも関わらず、実際に教会内の政治力学で選ばれたのはモンタルト枢機卿という人だった。新教皇はシスト5世を名乗り、その即位式に少年使節も出席することになる。

1586年4月、少年使節はリスボンを出発、帰途に着く。途中、マカオに一年以上滞在。1590(天正18)年7月、ようやく長崎に戻った。だが、信長は既に亡く、天下人となった秀吉は伴天連追放令を発布。キリスト教を巡る状況は容認から迫害へと暗転していた。ローマで栄光に包まれた少年たちは、やがて追放、殉教、棄教など苦難の道を辿る。

エピローグで著者は書いている。「少年たちが日本に帰ってきたときに、時代は戦国時代から統一的な国家権力のもとに集中され、他の文明や宗教を排除する鎖国体制に向かっていた。4人の悲劇はすなわち日本人の悲劇であった。日本は世界に背を向けて国を閉鎖し、個人の尊厳と思想の自由、そして信条の自由を戦いとった西欧近代世界に致命的な遅れをとったからである」。

この大部な書物のディテールには感服するとしても、この結論的部分にはさてどうだろうと感じる。明治100年、昭和の時代までならば、この「遅れ」を「致命的」と受け止めて西欧に追いつくのが日本の近代化の流れだったのだろうが、とりあえず追いついた?平成のニッポンから振り返ると、果たして「致命的な遅れ」だったのかどうか。近代化に進む時期に差はあったとしても、個人の思想や信条の自由を勝ち取るために、結局は多くの血が流され多大な犠牲を払ったのは西欧も日本も同様ではないかとも思うし。

入院中に自分は、世界史の参考書(詳説世界史研究・山川出版社)も通読して、良くも悪くもヨーロッパ人の掠奪と征服が世界史展開の原動力だとあらためて感じた。スペインとポルトガルが世界の分割支配を決めたトルデシリャス条約(1494年)以降、ヨーロッパ人主導のグローバル化が始まり、その大波は戦国時代の日本にも押し寄せた。ヨーロッパと向き合った日本は結局、「鎖国」という道を選ぶことになったのだが、この態度決定をネガティブにのみ捉えるのは、最早余り有意義な評価とはいえない気がしている。つまり、グローバル化と鎖国、それぞれの功罪を推し量らなきゃいけないってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

『クアトロ・ラガッツィ』(上巻)

入院中に『クアトロ・ラガッツィ』(若桑みどり・著)を読んだ。何しろ病院では時間があるだろうから、何か長いものを読もうと思ってあれこれ迷ったが、結局その時新刊で出ていた本書(集英社文庫、親本は2003年発行)を選んだ。上下巻で1000ページを超える。

副題に「天正少年使節と世界帝国」とあるように、ヨーロッパに派遣された4人の少年(クアトロ・ラガッツィ)を中心に、イエズス会宣教師ヴァリニャーノやフロイス、キリシタン大名大友宗麟、織田信長、豊臣秀吉、ローマ教皇グレゴリオ13世などの人物について、膨大な資料を駆使して語りながら、当時の日本とヨーロッパの関わりを描き出していく。

少年使節の派遣を決めたヴァリニャーノ(イタリア人、「日本史」で知られるフロイスはポルトガル人)は、当時のヨーロッパ人には珍しく開明的な人物だった(第二章 われわれは彼らの国に住んでいる)。ルネッサンスの人文主義的教養人である彼は、異なる文明である日本、中国の文化に敬意を払い、西洋人のやり方を押しつけることなく、キリスト教の精神を育てようとした。

戦国時代好きには、やはり信長の話、特に馬揃え(軍事パレード)の話が面白く感じられる(第三章 信長と世界帝国)。フロイスが伝える馬揃え。「装飾された競技場には飾り具をつけた馬にまたがり、できうるかぎり華美ないでたちの700人の武将と、諸国から見物に来た20万人に近い群集が集まった」。

柴田勝家が緋色の衣装を選んだら、信長に「待った」をかけられたらしい。「権六、その色はわしのものじゃ。控えい!」「は、ははーっ!」てな感じか?

信長は招待した宣教師たちのために高台の特等席を用意した。馬揃えに先立って宣教師からは、金の飾りを施した濃紅色のビロードの椅子が贈呈されていた。「信長はこの椅子をことのほか喜び、自分の入場に勢威と華麗さとを加えるために、それを4人の男に肩の高さに持ち上げさせてみずからの前を歩かせた。信長は行事の最中、彼の身分を誇り、その偉大さを誇示するために、一度馬から降りて椅子に座ってみせ、ほかの人間とは異なった人間であることを示した」。

著者は書く。信長の行った「この一大デモンストレーションは、内裏、公家、諸侯、民衆に向けて自分の偉大さを示すものであったと同時に、世界に向けて、日本の国王が彼であることと、その偉容とを知らせようとしたものである」。

信長は我らのことを世界に伝えよとばかりに、宣教師たちをスポークスマンに仕立て上げたのだろう。例の「安土城図」屏風もヴァリニャーノに与えて、実際にこの屏風は天正少年使節と共にローマまで運ばれた。世界に張り合おうとする気概を持つ信長と、日本を文明国と認めたヴァリニャーノの邂逅が、少年使節派遣というアイデアを生んだのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

『孤独のグルメ』(新装版)

P1020366_2 マンガ『孤独のグルメ』(扶桑社)が新装版としてお目見え。旧版の発行は1997年10月なので、単行本としては10年ぶりの復活となる(写真の左が旧版、右が新装版)。このほか文庫版は約9万部のロングセラーとか。

タイトルに「グルメ」とはあるけれど、主人公の独身らしき中年男、井之頭五郎が仕事の合間に向かうのは別に高級店でもなんでもなくて、食堂や定食屋の類が中心だったりする。そこで語られることも、食べ物そのものよりは、独りで食事をするというその行為にまつわる心情に重点が置かれていて、いわば「B級グルメの独白」という趣。一話8ページという短さの中で、日常的な食事に対するささやかな期待や満足感、あるいは微かな逡巡や戸惑い、見込み違い等々、独りで何かを食べる際に自ずと生じるさざ波の様な心理の綾が淡々と綴られていく。一見地味な作品ながらロングセラーになっているのは、このマンガの持つ優れた短編小説の様な味わい深さを多くの人が認めている証だろう。

主人公が語るこの作品の哲学ともいえるセリフ。

モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず
自由で 
なんというか救われてなきゃあダメなんだ
独りで静かで豊かで……

以下のセリフもワタシの様な中年単独者の心の琴線に触れたりする。

輸入雑貨の貿易商を個人でやっている俺だが自分の店はもっていない
結婚同様 店なんかヘタにもつと守るものが増えそうで人生が重たくなる
男は基本的に体ひとつでいたい

あるいは、回転寿司の店で座ったのが注文の通りにくい席で何か切ない気分になるとか、新幹線の中で発車前に弁当を広げる乗客が目に付いて「どうしてああせっかちなんだろう」と思うとか、それあるよなあと色々共感する場面に事欠かないマンガである。

この作品で描かれる食べ物(とシチュエーション)の中では、秋葉原でカツサンドと缶コーヒーを買って戸外(広場の片隅)で食べるというのが、ちょっとさみしいけれど解放されてもいるというか、しみじみ感もあっていいな、と思った。あと、渋谷で主人公が「並んで食べるのは嫌だな」と入らなかったけれど、「喜楽」のラーメンは好きだな。

今回の新装版では新作(特別篇)が追加されているが、そのテーマは病院食。自分も最近入院を経験したので、個人的には結構リアルだった。作中に登場するカレイの煮付けではなかったが、魚とご飯そしてジャガイモの味噌汁の組み合わせは自分も頂いたし、朝食はコッペパンではなく食パンだったが、紙パック牛乳とバナナの組み合わせも出てきた。確かに最近の病院食というのも、まずくはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

入院してました

4月14日から手術のため入院、術後のリハビリに時間がかかり、1ヵ月過ぎた5月16日にようやく退院。

自分が手術を受けるような病気になるとは夢にも思わなかった。生きているとそれなりにいろんなことを経験するものなのだな。はあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »