« 経営努力が足りない! | トップページ | 広島城に行く »

2008年3月22日 (土)

柳井を歩く

20日の春分の日、山口県の柳井を歩いた。古い商家が残る瀬戸内の小さな町。

P1020305 広島から更に西に向かって快速電車に乗ること1時間15分。目指す「白壁の町並み」は柳井駅から歩いて5、6分程の所にある。およそ200mにわたって江戸時代の商家の町並みが続くこの場所は、昭和59年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。国森家住宅、商家博物館むろやの園、甘露醤油資料館、しらかべ学遊館などの入場見学可能な建築や施設があるほか、三角餅(みかどもち)、金魚ちょうちん、柳井縞の木綿織物を扱うお店などが並ぶ。

こじんまりした感じで悪くはないです。しかし「白壁の町並み」と言えば、やはり倉敷が観光地としては圧倒的なのは間違いないのだな・・・。

|

« 経営努力が足りない! | トップページ | 広島城に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/11654104

この記事へのトラックバック一覧です: 柳井を歩く:

« 経営努力が足りない! | トップページ | 広島城に行く »