« フリードリヒ2世VS教皇 | トップページ | 賞品マグカップ到着 »

2008年1月31日 (木)

『ローカル線ガールズ』

東京駅構内の栄松堂書店で『ローカル線ガールズ』を見つけた時は、「あのえちぜん鉄道の本が出たのか!」とちょっと感動した。えちぜん鉄道、福井のローカル線である。

名古屋にいた時、えちぜん鉄道には2回乗った。最初は05年夏、勝山まで(恐竜博物館)、2度目は06年春先、三国まで(東尋坊)、つまりほぼ全線に乗ったことになる。

で、車両の中に制服姿の女性がいるのを初めて見た時は、「なんでデパートガールが乗ってるんだろ」と思ってしまった。ローカル線の車内に立つ制服女性は何だか妙に場違い的な感じがしたが、これがアテンダントと呼ばれる女性添乗員なのだった。

最初は違和感というのか、何か不思議なものでも見るような気持ちにさせられたのだが、2度目の時は今日はどんな人が乗っているのかなという期待も抱いていた。その辺はワタシも男だから、制服姿の女性に少し、いやかなりヨワイところもあったりする訳で。しかも2度目の時は違う制服。(夏服と冬服があるのだ。夏はつばの広い帽子付き)

で、この本はそのアテンダントの仕事について、当のアテンダントさんが綴ったものである。彼女たちの仕事は、無人駅での切符販売、高齢者等の乗降補助、観光案内の3つをメインとしてその他よろず請負というところか。最初は地元の人たちの一部からも、その必要性に疑いの目が向けられていたアテンダントという存在が、試行錯誤しながら自分たちのサービスを作り出していくことで、次第に認知されていく様子が記されている。

しかしどこの世界でも、客というのは我がままなものだなと思う。あの山の名前は?あの花の名前は?早く切符をくれ、早くおつりをくれ、窓を開けるな、窓を閉めるな、年寄り扱いするな等々、様々な質問、要求、苦情が寄せられて、しまいには「何のためにアテンダントがいるのか」と言われた日にゃあ、やってられっか!という気持ちになってもおかしくないけどなあ。しかし彼女たちはそんな「お客様のお叱り」を受けて、日々勉強の気持ちで、自分たちのサービスをよりよくしていくために努力する。健気である。

山や花の名前にも興味は無く、ただ目的地へと急ぐありきたりの観光客として乗車していた自分は、この本を読んで、アテンダントという仕事は想像以上に大変なのだと感じるばかりだった。しかしとにかく今や、えちぜん鉄道といえばアテンダントなのである(・・・多分。だからこそ本が出たんだろうし、ワタシも買ってしまった訳で)。彼女たちには元気で頑張ってほしい。単純にそう思った。

|

« フリードリヒ2世VS教皇 | トップページ | 賞品マグカップ到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/10161550

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローカル線ガールズ』:

« フリードリヒ2世VS教皇 | トップページ | 賞品マグカップ到着 »