« 講座「信長と南蛮文化」 | トップページ | 人生の意味とか »

2007年11月18日 (日)

「ナイトの不確実性」

ビジネス街にある書店で売れているらしい『1997年―世界を変えた金融危機』(竹森俊平・著、朝日新書)。経済学者フランク・ナイトの「不確実性」について説明している第2章からメモ。

不確実性には二つのタイプがあり、二つのタイプのうち第一のタイプは、それが起こる可能性についての「確率分布」を思い描けるものだ。ナイトはこれを「リスク」と呼ぶ。他方で第二のタイプは、それが起こる「確率分布」を思い描けないものである。ナイトはこれを「真の不確実性」もしくは「不確実性」という。

「サイコロの目」、「自動車事故」は、確率分布を想定できる事象である。そのようなタイプの不確実性が「リスク」である。不確実性が「リスク」であるためには、「確率分布」について理論的な推測が可能か、類似した現象が過去に数多く発生しており、データからの統計的推測が可能でなければならない。

「企業家」という特別なタイプの人種のもっとも本質的な行動は何かといえば、「新しいこと」への挑戦である。「新しいこと」、過去に類例がないことに企業家は挑戦する。「不確実性」と真正面から対決するのである。そして「不確実性」に対決する報酬として、企業家は「利潤」を手に入れる。

しかし、「不確実性」の領域で企業家が取る行動は、必ず成功の当てがあるものではない。そもそも必ず成功の当てがあるようなものは、「不確実性」とは言わない。したがって企業家は成功することもあれば、失敗することもある。
考えてみれば、もともとビジネスの成果を過大に見積もる楽観的な性格の者が、企業家という商売を選ぶのだ。

「真の不確実性」を前にして自分の幸運を信じ込み、あえて挑戦するという心理傾向は、「バブル」という経済現象にも見出せる。ここでも過剰な楽観主義が働いている。

ナイトは、経済行動の「合理性」を基本的には認める。人間は「合理的」な計算が成り立つような状況では、「合理的」に振る舞うと考えるのである。しかし他方で、「合理性」がもともと成り立ちえない領域、すなわち客観的な確率の計算のできない「不確実性」の領域の存在を彼は重視する。われわれの世界は「不確実性」によって包囲されており、その「合理性」の成り立たない領域における人間の行動は「合理的」でありえない。そこでは、「強気」または「弱気」の心理が人間の行動を支配する。

・・・本当に、人間の活動における合理的部分は限定的で、経済学はその限られた部分だけを相手にしているような気がする。証券会社に勤めていながら、「リスク」を中心に組み立てられる「ポートフォリオ理論」に対して、ますます懐疑的になりそうだな。

|

« 講座「信長と南蛮文化」 | トップページ | 人生の意味とか »

コメント

よしひこ様

はじめまして大絶画と申します。
復刊ドットコムにナイト著『危険・不確実性および利潤』がリクエストされています。よしひこ様をはじめブログをご覧にみなさまの投票次第で復刊される可能性があります。
URLより投票ページにアクセスできます。主旨に賛同していただけるようでしたら投票をお願いします。

投稿: 大絶画 | 2013年11月25日 (月) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/8981800

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイトの不確実性」:

« 講座「信長と南蛮文化」 | トップページ | 人生の意味とか »