« 介護と生活苦の悲劇 | トップページ | メガデス公演2007 »

2007年10月28日 (日)

肥満と飢餓の共存

先日、世界には肥満の人が10億人、飢えている人が10億人という話を、テレビで見て唖然としていたところに、「肥満と食糧危機」を特集した「日経サイエンス」12月号が出たもので、ついつい購入。2つの記事からメモしてみる。

「途上国を襲うメタボリックシンドローム」
発展途上国に暮らす数億人の食と健康をめぐる状況は、この20年で激変した。ほとんどの途上国では、飢餓に代わって肥満が健康への脅威になりつつある。
メキシコやエジプト、南アフリカ共和国などでは、成人の半数以上が「太り気味(体重過多)」または「肥満」だ。中南米のほぼすべての国と中東および北アフリカの多くの国では、少なくとも成人の4人に1人が体重過多になっている。

世界規模でみると、13億人以上が体重過多であるのに対して、低体重者は約8億人にとどまる。そして、2つの数値は急速に差を広げつつある。

身体を動かすことの少ないライフスタイルへと変化したことに加え、カロリーの高い甘味料や植物油、動物性食品(肉類、魚、卵、乳製品)を摂るようになっている。生活習慣と食事の変化が相まって、人々の健康を破局に導く下地ができあがった。その結果、肥満が糖尿病や心臓病などの爆発的な急増を引き起こしている。

「それでも8億人は飢えている」
国連食糧農業機関(FAO)は、2001~2003年の栄養不良人口を年間平均8億5400万人と
推定している。うち8億2000万人が開発途上国、2500万人が旧ソ連地域など過渡期にある国々、そして900万人が先進国の人々だ。

飢餓には多くの原因がある。世界全体で見れば、飢餓に苦しむ人すべてに十分行きわたって余りある食糧が生産されている。国家間、あるいは国内における食糧の不均等な配分こそが世界の飢餓を引き起こしているのだ。
食糧の不均等は、貧困に深く根ざしている。食糧不足が生じたとき、貧しい国は世界の市場から十分な量の食糧を買うことができないし、国内に十分な量の食糧が出回っているときでさえ、貧困層の人々にはそれを手に入れるお金がない。

一時的な飢餓を引き起こす洪水や嵐、干ばつといった自然災害がこの10年ほどで増え、貧困国に深刻な結果をもたらしている。
人為的要因によると考えられる食糧危機も増えている。アジアやアフリカ、南米では戦禍で何百万人もの人
が家を追われ、世界的に見てもその飢餓は緊急を要する状況にある。

・・・飢餓が解消されない一方、肥満がグローバル化するという、いかにも「不条理」な現実。肥満人口と飢餓人口合わせて20億人以上、世界の3分の1近くの人が、健康を悪化させ生命の危険にも晒されていることになる。飢えた子供と太りすぎの人々を前にして、そうでない人々に何ができるのか。この問題に限らず、今の世の中で何かを変えようとしたら、まずは「仕組み」づくりということになるのだろうが、さて具体的な話となると、普通の生活者は何をどうすればいいのやら見当も付かないのがもどかしい。

|

« 介護と生活苦の悲劇 | トップページ | メガデス公演2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/8641790

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満と飢餓の共存:

« 介護と生活苦の悲劇 | トップページ | メガデス公演2007 »