« 安倍首相、辞任表明 | トップページ | 『平成男子図鑑』 »

2007年9月15日 (土)

甲府を歩く

今日、JR東海さわやかウォーキング(静岡地区)が開催されたのは身延線の金手(かねんて)。どこにある駅かというと甲府駅から一個目。要するにウォーキングin甲府。ということで、新宿から朝8時2分発の特急あずさ臨時列車に乗って1時間40分で甲府着。そこから身延線に乗り換えて、中央本線に平行して走る線路を戻る格好で金手駅へ。JR東海主催のイベントに参加するのに、電車賃の大部分をJR東日本に落としていることに多少の後ろめたさを感じつつ(ウソ)、駅から程近い場所にある愛宕園(ぶどう園)からウォーキングスタート。

P1020171 当初曇だった天気は、10時過ぎくらいから晴れて陽射しも強くなり気温上昇。真夏日の暑さの中、距離およそ12kmのコースを歩く。武田氏ゆかりのお寺、信玄の墓、愛宕山の自然公園などを巡るのだが、メインとしては、やはり観光地的にも盛り上がっている様子の武田神社(武田氏の居館である躑躅が崎館跡)なんだろう。宝物殿(入場料300円)を見学し、境内で行われた太鼓の実演(写真)も見る。太鼓は結婚をお祝いするものらしく、側には新婚カップル(新郎は外国人、ていうか白人だった)と近親者らしき人々が数名いて、太鼓演奏を見守っていた。

今回、JR東海は特急を金手駅に臨時停車させてはいたが、ウォーキング参加者は通常よりは少なかった。やはり特急で来なきゃならんとなると、参加者が減るのは仕方ないかも。しかしウォーキングイベントでは回りに歩いている人がいることで、自分の歩くペースもできるということはあるので、今日みたいに参加者の少ないウォーキングは、前進するのにいつもより根性がいるのだった。暑かったし。

武田神社でうろうろした分を含めて、3時間15分程でスタート地点のぶどう園まで戻ってゴール。帰りは甲府駅前の舞鶴城公園(甲府城跡)、武田信玄像をざっと見て、2時9分のあずさで帰京した。

|

« 安倍首相、辞任表明 | トップページ | 『平成男子図鑑』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/7956593

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府を歩く:

« 安倍首相、辞任表明 | トップページ | 『平成男子図鑑』 »