« バブルは繰り返す | トップページ | キャメル・ライブDVD »

2007年8月26日 (日)

闘い続ける加藤九段

22日に公式戦通算1000敗を記録した将棋棋士・加藤一二三九段。本日付日経新聞1面コラム「春秋」も加藤九段について取り上げていた。

コラムは加藤九段の伝説、例えば、将棋盤に強く打ちつけすぎて駒が割れたとか、一手に7時間長考した、カトリック信者で対局場でも賛美歌を歌う、対局中に相手の後ろに回って盤面を見下ろす、などの逸話を紹介するなどした後、神武以来の天才と称された大ベテランのなお続く挑戦に期待する、と結んでいる。

あらためてデータ(8月22日時点)を見ると、加藤九段の対局数は2262局で、あの大山康晴名人の2216局を上回り堂々の第一位。50年以上の長期に亘り現役で活躍していることはもちろん、基本的に強くなければ対局数は増えないわけだから、対局数にしても敗け数にしても恐るべき記録であることは間違いない。

ちなみに加藤九段の勝ち数は1261勝で、第二位の中原誠名人の1299勝に追いつく可能性は充分にある。で、勝ち数第一位は大山名人の1433勝で、まさに稀代の勝負師、その強さは驚異的というほかない。現役A級棋士のまま世を去ったことも含めて、まさに将棋界の巨人だったとの感慨を深くする。

将棋については自分は、昔は良かったという感想しか出てこない。大山、加藤をはじめ、中原、米長、二上、内藤、有吉、桐山、大内といった棋士がA級で活躍していた頃が一番良かったな~と思うばかりである。そんなオールドファンである自分もまた、加藤九段にはいつまでも闘い続けて欲しいと願う者であります。

|

« バブルは繰り返す | トップページ | キャメル・ライブDVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 闘い続ける加藤九段:

« バブルは繰り返す | トップページ | キャメル・ライブDVD »