« 米国でもグローバル化に不満 | トップページ | 解散か大連立か再編か »

2007年7月28日 (土)

いいよね吉祥寺

昨日27日付日経新聞(東京版)の連載記事「素顔の首都圏 6000人・街イメージ調査から」④によると、吉祥寺は「家族で住むなら」1位、「一人暮らしするなら」1位、「子供を育てるなら」2位(1位は国立)と、住みたい街の筆頭に挙げられている。同連載記事①では、「老後を過ごしたい街」の2位(1位は鎌倉)に入っているから、まさに老若男女世代を問わず支持を集めている街なのだ。少しメモしてみる。

「街がコンパクトで全部そろっている」(30代、男性会社員)。百貨店、スーパー、商店街に加え飲食店が多い。スポーツジム、ホテルなど盛りだくさんの生活施設を評価する声が目立つ。
「各世代のカルチャーを思い思いに吸収し、発散できる街」(40代、男性会社員)。町々にコミュニティセンターがあり住民活動が盛ん。
「雑誌に載っているような流行と普段の生活が一緒にできる」(30代、女性会社員)。雑然とした中の、おしゃれな空気が若者層をひき付け、ファンの世代を広げているのも街の強さだ。

・・・20年以上も前のことだが、小生は吉祥寺にある大学に通っていた(今の総理大臣が出た学校。ほかに中井貴一、石田衣良も)。最近は全くと言っていいほど足を運んでいないが、おそらく、賑やかな活気と程々の落ち着きを兼ね備えた街の雰囲気は、基本的には変わっていないのだと推測する。おしゃれといっても疲れを覚えるような最先端のものではなく、駅前のハモニカ横丁のような古いものも残り、近くには井の頭公園もあるといったことが、幅広い世代の人々を集める要因なのだろう。いいよね、吉祥寺。

|

« 米国でもグローバル化に不満 | トップページ | 解散か大連立か再編か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/7302826

この記事へのトラックバック一覧です: いいよね吉祥寺:

« 米国でもグローバル化に不満 | トップページ | 解散か大連立か再編か »