« 「ソースは嫌い」ファンド代表 | トップページ | オシムの『日本人よ!』 »

2007年7月21日 (土)

政治家は人材不足

閣僚の失言や事務所経費問題など、不祥事の続出する安倍内閣。本日付日経新聞市況欄コラム「大機小機」(政治家を育てる風土)は、「これほど問題が続出する以上、統計的に見れば、政治家全体のレベルが相当低下していると考えざるを得ない」として、政治家の人材について考察しているので、以下にメモ。

政治家になり責任ある地位に就くと資産公開を求められ、経理の透明性を要求される。だが、その収入は民間の企業経営者に比べれば高いとはいえない。事務所経費の水増しなども、政治家の資金難という一般的問題の氷山の一角だとみるべきだろう。
しかも、いったん選挙に落ちればタダの人であるだけでなく、一度政治家になった人を雇う企業はない。

このようなリスクの高い職業に優秀な人材が集まるはずはない。政治家の世襲批判を問題視する声もあるが、それは裏を返せば、政治の世界に、外部から優秀な人材の新規参入を引きつける魅力がないことの反映でもある。

国民は自らがコストをかけて良い政治家を育て、自らの信ずる政策を実現させる監視役でなくてはならない。政治家のレベル低下は国民意識のレベル低下の問題でもある。

・・・テレビに映し出される参院選激戦区の候補者を眺めてみても、見た目だけで判断して申し訳ないのだが、ホントに政治の世界は人材不足だなと感じる。大衆民主主義の選挙は人気投票の側面も無視できないのだから、もう単純に見た目も含めて人間的魅力も備えていないと、何かを訴えて有権者を巻き込んでいくなんてことは到底不可能じゃないかと。その点、小泉前首相はやはり抜きん出た政治家、ってことなんでしょう。

|

« 「ソースは嫌い」ファンド代表 | トップページ | オシムの『日本人よ!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/7222707

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家は人材不足:

« 「ソースは嫌い」ファンド代表 | トップページ | オシムの『日本人よ!』 »