« 男の薬指の謎 | トップページ | バブルの遠い約束 »

2007年6月 3日 (日)

ウォーキングin薮原~木曽平沢

「JR東海さわやかウォーキング」の中で、春の妻籠宿、夏の奈良井宿、秋の馬籠宿の宿場町コースは定番になっており、東京からだって行く価値のあるコースではないかと、ワタシは評価する。という訳で、わざわざ東京から一泊旅行という感じで、昨日行って参りました、「鳥居峠越えと奈良井宿場祭・木曽漆器祭」コース。前日金曜日の夜、8時丁度の~スーパーあずさ33号で~(字余りすぎ)塩尻まで行き当地で宿泊。

P1020029 翌朝、午前8時10分塩尻発の電車に乗る。列車の本数がめっちゃ少ないので、時間厳守のスケジュール。8時40分過ぎに薮原到着、ウォーキングスタート。このコースは最初、鳥居峠に上る道、御嶽遙拝所までの上りが結構つらいが、そこを過ぎた後は比較的平坦な道が続く。峠を下りた所にある奈良井宿では太鼓演奏を見る。小さい子が頑張ってやってました(写真)。さらにその先の木曽平沢で漆器祭りを眺めながら、ゴールの木曽平沢駅に到着。約10kmのコースを何とか予定通り3時間で歩いて、午前11時51分発の松本行き列車に乗る。塩尻まで戻った後は、12時25分発のあずさ18号に乗って帰京した。

中年単独者は(幸か不幸か)、おカネとヒマはそこそこあるので、あとは根性出せた場合、これからも時々は名古屋地区開催の「さわやかウォーキング」にも出没しようかと。

|

« 男の薬指の謎 | トップページ | バブルの遠い約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174032/6652875

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキングin薮原~木曽平沢:

« 男の薬指の謎 | トップページ | バブルの遠い約束 »