2022年11月26日 (土)

ロバート・フリップ「音楽は一つだ」

「ギター・マガジン」12月号、ロバート・フィリップのインタビュー記事から、以下にメモする。

スコッティ・ムーア、あとはチャック・ベリー、ジェリー・リー・ルイスから生粋のパワーを感じたのは・・・私が11~12歳頃のことだった。
だが、13歳になった頃からジャズに興味が湧いてきた。
やがて17歳を迎えた頃には、いわゆるクラシック音楽というやつの、修練を要する側面に惹かれるようになった。これは何も特別なことじゃない。ビートルズだって、60年代のイギリスのロック・インストゥルメンタルだって、当たり前のようにクラシックから影響を受けている。

リッチー・ブラックモアのアウトロウズを観たのも17歳の時だったが、彼のギターは驚異的だったね。あの時のリッチーはわずか18歳だが、すでに熟達していて、音楽面でもプレイの技術面でも、ただただ圧倒された。

私はバルトークの「弦楽四重奏曲」とストラヴィンスキーの「春の祭典」からクラシックを聴き始めた。ほどなくして見出した❝音楽は一つだ❞という結論が、私の音楽性、そしておそらく価値観、および人生観のターニング・ポイントとなったよ。
「春の祭典」やバルトークのクラッシュ・コードはどうやって生み出されたのだろう? ジミ・ヘンドリックスの「Purple Haze」やビートルズの「A Day In The Life」「I Am The Walrus」が、すべて冒頭の一小節目から信じがたいパワーで私を釘付けにするのはなぜだろう? そんなことを、一つの音楽という大きな枠組みで境目なく考えるようになった。

私は大勢の若手プレイヤーから、時にはすでに地位を確立したギタリストからも、❝結局自分はクラプトンのようになりたかっただけなんだ❞と打ち明けられた経験がある。私がこの発言に引っかかる理由はわかるだろう? 私は彼らとは違うところに目標を据えていたからだ。・・・最終的に、私の中でこの問題は、想像の世界へと昇華していったけどね。❝もしヘンドリックスがバルトークの「弦楽四重奏曲」を演奏したらどうなっただろうか?❞というような。

・・・若きロバート・フィリップが若きリッチー・ブラックモアのギタープレイに圧倒されていたというのは、70年代ティーンエイジャーにとってはとっても興味深い話。
そしてまた、とっても単純に考えると、ジミヘンがバルトークを弾いたらキングクリムゾンになった、と思っていいのかもしれない。

|

2022年11月 6日 (日)

「レインボー」トリビュート・ライブ

昨日5日、東京・六本木のEXシアターで開催されたのは、「レジェンド・オブ・ロック」と銘打たれたトリビュート・ロック・ショウ。昼はディープパープル「ライブ・イン・ジャパン」再現、夜はレインボー「オン・ステージ」楽曲中心の演奏、という二本立て。とりあえず自分は夜の公演を見た。

演奏曲目はキルザキング、ミストゥリーテッド、虹をつかもう、銀嶺の覇者、スターゲイザー、バビロンのアーチ、スティルアイムサッド。そしてアンコールのロングリブロックンロールまで2時間弱のライブ。写真は終演後のステージ。

Photo_20221106231501

しかしディープパープル初来日から50周年ですか。はあ~。自分はディープパープル第2期には間に合わず、レインボーは何回かライブを見て、再結成ディープパープル(第5期)も見たという年代。ディープパープルについては第2期至上主義者でもなく、レインボーもロニー・ジェイムズ・ディオでなきゃ絶対イヤだ、という程でもない。だから一つのバンドでも、メンバーの異なる様々な時期を再現するライブを見てみたいなと思ってる。第3期ディープパープルでも、グラハム・ボネットのレインボーでもOK。90年代のレインボーも、リッチー・ブラックモアのハードロック・キャリアの集大成という感じで、銀嶺の覇者も紫の炎もスモークオンザウォーターも、まとめて聴けるのは単純に楽しいと思う。そういやあ、2016年にレインボーが復活したっけ。あれも既に6年前の出来事かあ。もはやレジェンドのハードロックをライブで聴こうと思ったら、トリビュートバンドもしくはユニットに頼るしかないという感じだな。

|

2022年11月 1日 (火)

ウクライナ戦争、捩じれた「独ソ戦」

とりあえず、ムック『独ソ戦のすべて』(晋遊舎発行)からメモしてみる。

第二次世界大戦、ことに欧州での戦争に興味をもつ人にとっては、この(ロシア・ウクライナ)戦争はある種の感慨を抱かせるものであった。キエフ(キーウ)やハリコフ(ハルキウ)、サポロジェ(ザポリージャ)といった地名は、第二次世界大戦や近現代史の愛好家にとって、歴史上の地名であって、現代の紛争地帯の地名として再浮上するとは想像していなかったからだ。

・・・まさに、T34戦車やタイガー戦車などのプラモデルを作り、「ヨーロッパの解放」などの映画を観て20世紀の「独ソ戦」を学んだ世代にとって、21世紀にハリコフやキエフが再び戦場になるという現実は、既視感と違和感を同時に覚えるものだ。しかも戦争当事者はお互いに旧ソ連を構成していた国なのだから、この事態をどう理解していいのやらである。

このムックを読んでいると、ロシア・ウクライナ戦争は裏返しのというか、捩じれた「独ソ戦」というイメージが浮かんでくる。ロシアのプーチン大統領の頭の中にあるのは、ソ連が侵略者ナチス・ドイツを撃退した「大祖国戦争」だと思える。現在の敵は「ナチス」政権に支配されたウクライナである。そしてロシア・ベラルーシ・ウクライナは「一体」であると、プーチンは見なしている。であれば、「ナチス」政権に浸食されたロシアの「領土」を「解放」(奪還)し、ウクライナの「ナチス」政権を支援する西側NATO諸国と対抗し続けることが、ロシアの正義であると、プーチンは考えているのかもしれない。

かつてのナチス・ドイツの侵略のベースには、優秀なゲルマン民族が劣等民族スラブ人を支配してもよいという差別思考があったと思われる。プーチンの戦争にも、ウクライナ人に対する差別意識がないとは言えないだろう。そんな印象からも、ロシア・ウクライナ戦争は捩じれた独ソ戦、という思いが強くなる。何をどう言ってみても、現実に侵略したのはロシアなのだから、プーチンはヒトラーと同類だと単純に言えるだろう。

戦争初期の段階で、ロシアは首都キーウの短期攻略に失敗。ウクライナ第2の都市ハルキウでも頑強な抵抗に遭い撤退。東部ドンバス地方の完全制圧も達成していない。ここからさらに人員を投入して戦争を継続しても、ロシアは4州「併合」以上の「成果」を手にすることは難しいだろう。ロシアの戦う動機は弱まりつつある一方、領土奪還を目指すウクライナは戦いを止める理由はない。という非対称の状態で今のところ、停戦のきっかけすら見出せない憂うべき状況だ。

|

2022年10月31日 (月)

名古屋市営地下鉄「黄電」

名古屋市営交通は1922年市電、1930年市バス、1957年地下鉄と発展して、今年100周年。これを記念して市営地下鉄は、開業当初から2000年まで運行していた「黄電」を東山線に一本、走らせている。

自分は名古屋出身ではないので、特に懐かしいとかそういう感じはないのだが、今自分が住んでいる藤が丘駅近くの団地から、出発待ちをしている黄電を写してみました。この黄電の運行は来年1月までとのこと。

Photo_20221031195701

|

2022年10月23日 (日)

JR東海工場見学

本日は、JR東海名古屋工場見学を目的に、さわやかウォーキングのコースを歩いた。朝9時過ぎに名古屋駅からスタートして、コースを約7km歩き、目的地のJR東海工場に到達。最近、テレビ愛知の番組で工場の様子は見ていたのだが、実際に敷地内に入ってみると結構広いなという印象。

新型車両HC85系の展示。

Hc85_20221024174101

在来線車両の展示。左が中央線、右が東海道線を走っている車両だな。

313211

工場見学後は、名古屋駅まで戻る残りのコースはリタイアして、工場に近接する近鉄・烏森(からもり)駅から電車に乗って帰りました~。

|

2022年10月 9日 (日)

新幹線「かもめ」に乗る

9月23日に開業した西九州新幹線。これで博多から長崎まで(途中半分以上はリレー特急ですが)、新幹線を使って行ける格好になった。

九州に行くなら、東京からだと飛行機使っちゃうわけだが、名古屋からなら新幹線で行こうという気分に(自分は)なる。なので名古屋にいる今、とにかく乗るだけ乗っておこうと思って、昨日10月8日土曜日行ってきました。

前日7日の夜に博多に入って、翌8日朝に出発。博多駅でリレー特急に乗るため在来線改札(新幹線改札ではない。考えてみりゃ当然だけど)から入る。在来線の武雄温泉駅で、同じホーム向かい側にいる新幹線「かもめ」に乗り換える運用。自分は自由席(6両編成の4、5、6号車。後半部分になる)利用なので、リレー特急も後ろの自由席車両に乗る。武雄温泉到着の直前、乗客の多くは下車支度開始。自由席に乗り換えとなると、やはり行動は早めになりますね。実際、乗り換え完了、出発時には自由席車両は満員に。座れずに立つ客も目に付いた。

博多から長崎まで1時間30分、うち新幹線に乗ってる時間は30分程度。景色も、大村湾の辺りで海が見えるくらいで、トンネルが多め。それでも、やっぱり新幹線に乗って遠くまで行けるというのはいいね、と感じる。

10時半に長崎到着。駅の東口は工事中。あの特徴的な大屋根が無くなっちゃってるが、完成予定図にはちゃんと付いてるので、完工の暁には復活するのだろう。

Photo_20221009134301

例年は今頃やってるであろう「長崎くんち」は、今年も中止とのこと。お祭りを一人で見に行く気もないけれど、それでも少々寂しい感じはする。

今回は新幹線に乗るのが第一の目的なので、当地にいたのは4時間程度。とりあえず駅から近い歴史文化博物館に行き見学(すいてる)、駅に戻って駅ナカ施設内の洋食店「ニッキー・アースティン」でトルコライスを食べて、帰途についた。行きはバタバタしていたので、帰りに「かもめ」を撮影。

Photo_20221009123701

さて、リレー特急の区間はいつ新幹線になるのか。佐賀県はメリット少ないとして前向きではないらしいけど・・・国が実質的に全部金出すしかないかな。

|

2022年9月26日 (月)

『百億の昼と千億の夜』

先日、萩尾望都のマンガ『百億の昼と千億の夜』(原作は光瀬龍のSF小説)の完全版が、河出書房新社から発刊された。

略して「百億千億」は、1977年に「少年チャンピオン」に連載。何と45年前。自分は高校生だったが、まさに宇宙論的なスケールの物語で、阿修羅王、シッタータ、ナザレのイエスなどの宗教キャラが時空を超えて活躍するという、何だか難しそうなマンガだなあという感じがして、部分的にしか読んだことがなかった。ということもあり、今回の機会に初めて最初から最後まで読んでみた次第。

で、宇宙の中の人類というか生命の存在理由を考える物語というか、しかし結局いまひとつよく分からない話ではあった。でも、やっぱりこの話をマンガ化した萩尾望都は凄いなあと思う。なかでも阿修羅王の凛々しさと強さが放つ魅力は、このマンガのとりわけ後半部分を隅々まで支配していると言って良い。あっ、でも「敵役」に配されたナザレのイエスも、結構いい味出してるキャラだよな。

Photo_20221015100801

「百億千億」もまあまあ有名作品とは思うが、萩尾望都の代表作といえば「ポーの一族」「11人いる!」だろう。でも、やっぱり難しそうな感じがして読んでない(苦笑)。萩尾望都マンガで、自分が好きなのは初期作品の「ケーキケーキケーキ」。分かりやすいし、とてもいい話なので繰り返し読んだ覚えがある。

|

2022年9月19日 (月)

「センゴク」から「三十年戦争」へ

歴史マンガ『センゴク』を18年かけて完結させた作者の宮下英樹が、次は17世紀のドイツ三十年戦争のマンガを描くということを聞いて、自分的には「おお~」という感じがした。掲載誌である雑誌『歴史群像』10月号は、連載開始記念として宮下氏のインタビュー記事を掲載。以下に、なぜ「三十年戦争」なのかを語る部分をメモする。

直感的ですけど、日本史の場合は、戦国時代が軸になっている気がするんですね。戦国時代に興味を持てば、今度は戦国以前と戦国以後というように、日本史全体に興味を持つようになっていきます。それがヨーロッパ史だと、この「三十年戦争」の時代なのかなと思ったわけです。中世の騎士への憧れも残しながら、すでに鉄砲も大砲もある。近世・近代への大きな転換点ですよね。

グスタフ=アドルフとヴァレンシュタイン、彼らが激突したリュッツェンの戦いは描きたいところです。そこに向かってどう面白くしていくかというところで、その前の時代のフリードリヒから描きはじめたわけです。

最終的には、戦争が話し合いで終わるという時代を描きたいんです。戦争をしてどっちかに神の裁きが下るかと思いきや、下らないから、人間同士で話し合って解決しようと。神様がやってくれないなら、人間が自立してやるしかないよという。

・・・日本の16世紀は戦国時代、これに負けず劣らず、ドイツの16~17世紀も面白い。1517年ルターの宗教改革が始まると、カトリックとプロテスタントの対立は激化する一方に。神聖ローマ皇帝カール5世はプロテスタント諸侯をいったんは制圧。しかしその後反撃に遭い、1555年アウクスブルク宗教和議に至る。16世紀の後半はフランスが宗教戦争の中心地に。17世紀に入り1618年、神聖ローマ帝国内のボヘミアで起きた争乱が、デンマーク、スウェーデン、フランス、スペインを巻き込む大戦争に発展。これが三十年戦争で、教科書的には最後の宗教戦争にして最初の国際戦争であり、1648年ウェストファリア条約締結で戦争が終了すると共に主権国家体制が確立した、とされる。宗教改革からウェストファリア条約までは、まさに歴史のダイナミズムが感じられる時代(ということはたくさんの血が流れた時代)なのである。

戦国時代が日本史の大きな転換点ということについても、かつて歴史学者の内藤湖南が「応仁の乱」以前と以後、という日本史の見方を示したことはよく知られている。日本もヨーロッパも、16世紀から17世紀が歴史の大きな転換点だったと言ってよいだろう。

三十年戦争のマンガというと「イサック」がある。これは、17世紀のヨーロッパで日本人が活躍するという意欲的な設定の物語。たぶん宮下氏の「神聖ローマ帝国 三十年戦争」は、より史実に密着したマンガになるのだろう。月刊誌の連載なので、完結まで何年かかるのか早くも心配になるわけですが(苦笑)、大いに期待したいマンガです。

|

2022年9月18日 (日)

堀内誠一の「ぐるんぱ」

先日、「堀内誠一 絵の世界」展(神奈川近代文学館、25日まで)を観た。名作絵本として知られる『ぐるんぱのようちえん』の絵を描いた人である。

Photo_20220918090001

『ぐるんぱのようちえん』は1965年発行。1959年生まれの自分は、まさに幼稚園児の時に読んで強く記憶に残った。現在まで240万部を発行しているという。
ひとりぼっちでぶらぶら、めそめそしていた象の「ぐるんぱ」は、仲間の象に送り出されて、人間の世界に働きに出る。行く先々の仕事場で超特大のビスケット、皿、靴、ピアノ、スポーツカーを作っては次々にクビになってしまう(今から思うと何でも作れるのが凄い 笑)が、最後はそれらを使って子供たちの遊び場となる幼稚園を作る、というお話。失敗ばかりしていたぐるんぱだけど、最後には自分の居場所を見つけることができて本当に良かったなあと(子供の頃そこまで考えてないけど)思える、とても好きな絵本だった。ロングセラーになっているのも分かるなあ。

さらに私事につなげると、堀内氏は1932年(昭和7年)、東京・向島生まれ。生まれ年は自分の母親と同じ、出生地は自分が卒業した小学校のある地域。

展示作品の大部分は絵本や挿絵などの作品。そのほかエディトリアル・デザイナーとしての仕事もあり、雑誌「アンアン」「ポパイ」「ブルータス」のタイトルロゴ・デザインの作者でもある。

幼少の頃、自分はそれとは知らず堀内氏の描いた象の「ぐるんぱ」が深く心に残り、10代後半以降も、それとは知らず堀内氏がロゴ・デザインした「ポパイ」や「ブルータス」に親しんでいたのであった。

堀内氏は、詩人の谷川俊太郎や文学者の澁澤龍彦とも交流していた。谷川とのコラボには『マザー・グースのうた』の挿絵がある。

絵本を中心に多方面に才能を発揮した堀内氏は1987年、54歳で急逝。早すぎる死であったとしか言いようがない。

|

2022年8月15日 (月)

問題は二項対立か相対主義か

新著『現代思想入門』が好評の哲学者・千葉雅也と、80年代に『構造と力』で現代思想ブームを巻き起こした浅田彰。両者の対談記事(今なぜ現代思想か)が『文藝春秋』9月号に掲載。以下にメモする。

千葉:今度の拙著の中でも資本主義が発展していく中で、価値観が多様化し、共通の理想が失われた時代、それがポストモダンの時代だと説明しています。そんな時代に生まれた現代思想は、「目指すべき正しいもの」がもたらす抑圧に注意を向け、多様な観点を認める相対主義の傾向がある。しかし現在、世間を見渡すと、相対主義を斥けて、何でも二項対立で考える風潮が高まっている。白か黒か、善か悪か。だからこの本では、そもそも、なぜ二項対立が生じているのか、状況を俯瞰して冷静に考える知性こそが重要だと書いています。
浅田:多文化主義という表層の背後のグローバル資本主義がすべてを支配する状況になり、儲かるかどうか、役に立つかどうかのプラグマティックな〇✕式思考が広まってしまった。80年代初頭に僕が考えていたのは、旧左翼や新左翼の失敗を清算することで、かえってマルクスを初めとする左翼思想を自由に読み替える可能性が出てきたということだった。ところが実際には、左翼はすべて✕、資本主義が〇という方向に動いてしまったんですね。だからこそ、ドゥルーズとガタリの共著『アンチ・オイディプス』などにヒントを得ながら、資本主義から逃走するための地図を描きたかった。それが『構造と力』や『逃走論』に結実しました。旧左翼・新左翼のように資本主義を批判するより、資本主義の大波に乗りながら、微妙に方向をずらして新しい空間に向かうこともできるんじゃないか、と。
千葉:ただ、『構造と力』が出た時代は資本主義や左翼思想など、打ち破るべき強固なドグマや権威があったわけですよね。今の時代は戦うべき強固な相手がいなくなってしまったのが実情です。
浅田:1980年代初頭には、「右手に朝日ジャーナル、左手に平凡パンチ(左手に少年マガジンでもいい)」という形で教養主義が辛うじて生き残っていた。それがなければ『構造と力』もブームにならなかったかもしれない。
千葉:権威的な知と、ポップカルチャーの融合ですね。ところが、時代を経て権威的な知が批判され尽くすと、もはやぶつかるべき相手もいなくなり、すべての教養やカルチャーがフラット化してしまう。
浅田:相対主義的多文化主義の背後には、価格だけが唯一の尺度というグローバル資本主義があるわけですね。
千葉:多様性とは言っても、資本主義のもとで消費される商品として展開しているだけなんですね。
浅田:その種の相対主義が蔓延して、教養が衰退していったんだと思います。

・・・千葉先生の本を読んで、浅田先生から40年、現代思想も随分こなれた感じになったものだなーという感慨を抱いた。さて、相対主義の別名はリベラル化、と言えるかもしれない。しかし、人は自分の自由は認めても、他者の自由は簡単には認めない傾向があるように思う。なので寛容であること、その余裕を持つこともなかなか難しいようであるし、逆に言うと、そういう余裕の無さから二項対立というか、「分断」が発生するという面もあるのかも、と思ったりする。

|

«アメリカ・サブカルチャーの歴史