2017年11月25日 (土)

消えゆく半チャンラーメン

もう30年も前、神保町にある小さな出版社に勤めていた自分にとって、ラーメン「さぶちゃん」閉店のニュースは、感慨めいた思いを抱かざるを得ない知らせというほかない。21日付東洋経済オンライン発信記事(執筆者はラーメンライターの井手隊長)から以下にメモ。
 
安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。ラーメンと半(分の)チャーハンがセットになった「半チャンラーメン」が静かに衰退している。
 
東京・神保町で長らく愛されてきた老舗のラーメン店が、ひっそりとその看板を下ろした。「さぶちゃん」。熱心なファンを獲得しており、行列が目立つお店として有名だった。さぶちゃんの来店客のほとんどが注文していたのが、「半ちゃんラーメン」(750円)。生姜の効いたスープのラーメンと醤油の濃いチャーハンをセットにした看板メニューだ。
 
「さぶちゃん」が閉店してしまったのは、「半チャンラーメン」というメニューを提供してきた「町中華」の凋落を象徴しているようでもある。
 
「町中華」は今、店主の高齢化や後継者問題に悩んでいる。
厚生労働省が2011年に発表した「飲食店営業(中華料理店)の実態の経営改善の方策」によれば、個人経営の中華店の店主の年齢は50歳以上で72%。5年以上前のデータなので、今はさらに高齢化が進んでいるだろう。
このうち営業時間が10時間以上の個人店は30.8%。閉店時刻も「21時以降」が73.9%を占め、長時間営業が当たり前となっている。そして、「後継者がいない」と答えたお店は何と全体の62%に上った。
 
店主の高齢化が進み、後継者探しも難しく、長時間労働となると閉店もやむなし。実数を把握できないが、「町中華」は確実に町から減ってきている。おのずと「半チャンラーメン」を出すお店も減ってきているということだ。
 
・・・「町中華」の減少のほか、糖質制限ブームの逆風、調理工程は多いのに価格設定は抑えめ、というのも半チャンラーメン衰退の理由という。
 
日本の中小零細企業が抱える、経営者の高齢化と後継者難という問題から、町中華も逃れることはできない。それが現実だろうとは思う。でも、このまま町中華そして半チャンラーメンが消えていき、町のラーメン屋はチェーン店だけになってしまったら、それも何だか味気ない感じがする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

「怖い絵」展大人気の謎

Photo

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「怖い絵」展が大人気となっている。10月7日から開館時間10:00~17:00でスタートしたが、早くも一週間後には土9:00~20:00、日9:00~18:00に時間拡大。三週間で来場者数10万人突破。人気上昇も加速し、直近では入場待ち最大3時間という凄まじいことに。来週以降は土曜に加えて、金曜と祝日も9:00~20:00開館で対応する。(12月17日終了予定)

自分も先日、東京に行く機会があったので、とにかく入場したのだが、なるほど大混雑。まさに絵を見るより人を見るという感じでありました。

この展覧会が気になったのは、たまたま展覧会準備の苦労話を雑誌で読んだ(『芸術新潮』8月号・「怖い絵」展ができるまでの本当にあった怖い話)ことによる。確かに世界のあっちこっちから絵を集めてくるというのは、大変なことだよなあと思う。苦労して開催に漕ぎ着けた展覧会に、これだけたくさんの人が見に来てホントに良かったねと、関係者を讃えたい気持ちにもなる。

とはいえ、「怖い絵」展がこれ程の人気を集めている理由はというと、正直よく分からない。この展覧会のコンセプトの基礎にあるのはもちろん、ドイツ文学者中野京子の人気著作「怖い絵」シリーズなのだが、今回の出展作品約80点のうち、「怖い絵」の本で紹介された西洋名画の実物は10点ほどだという。なので、よく知らない画家や作品も多いし、そもそも「怖い」と言っても直接的視覚的にとても怖いという程でもない。本のコンセプトに基づいて、文化的歴史的背景を理解した上で、じわじわ怖くなるという絵が大半なのである。

まあ、こうしたお勉強的要素のある展覧会にわんさか人が来るのだから、それはそれで大したことだなあと思う。今夜はテレビ番組「美の巨人たち」で、今回の展覧会の目玉である「レディ・ジェーン・グレイの処刑」が紹介されたし、さらにわんさか人が来るんだろうな。

(11/10追記)開館時間は11月16日以降、連日9:00~20:00に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

宗教改革の意義

今から500年前の1517年10月31日、ルターが「95箇条の提題」を世に問うた時から、中世ヨーロッパ世界を激動の中に投げ込む「宗教改革」運動が始まった。読売新聞10/26付記事「宗教改革500年 識者に聞く」からメモする。
 
ルターは宗教改革をしようと思ったわけではなく、カトリックのほころびを修復しようという意識が強かったのだと思う。
そして、聖書こそが権威だとする彼の主張は、教皇を頂点としたそれまでのピラミッド型の一元的な社会を壊した。一方で、聖書は読む人によって解釈が違い、宗派が分裂していくことにつながる。
分裂を繰り返すプロテスタントとは、ヨーロッパが初めて経験した多元化だ。宗教改革以降500年の歴史は、分裂し、争いを続けるグループ同士が、何とか共存していける作法を模索してきた歴史ともいえる。相互理解や他者理解を考える上で、そこから学べるものはあるはずだ。
プロテスタンティズムは近代社会の深層構造ともいえる。欧米の文化を無視して生きられない現代、我々が生きる近代の世界を理解するためにも、プロテスタンティズムを知ることは日本人にも大きな意味がある。(深井智朗・東洋英和女学院大教授
 
ルターは「信仰のみ」「(神の)恩寵のみ」「聖書のみ」という三つの「のみ」を打ち出した。それ以前からあったカトリック教会では「信仰と行為」「信仰と理性」「恩寵と自由意志」「聖書と教会の伝統」のそれぞれを重視し、バランスを取っていくのが正統的だった。その意味で、ルターは一方を極端に強調したといえる。
一連の宗教改革で、結果的に「個人が自分の良心に基づいて宗教を選択する」という、現代人にとっての基本条件が作られた。その意味で宗教改革は価値あることだった。
とはいえ、宗教改革以前に学ぶべきものは多く、批判するだけではもったいない。例えば中世は信仰と共に理性や哲学を重んじたが、「神と世界の関係をどう捉えるか」といったことを理性的に考えていくと、イスラム教やユダヤ教とも同じ土俵が形成される。(自分が信じる宗教の)神のみ、聖典のみでは、他宗教と共通の土俵に立ちにくい。(山本芳久・東京大准教授
 
・・・宗教改革以前のヨーロッパにおいては、カトリック教会が社会体制と一体化していた。ルターの改革から生まれたプロテスタンティズムは、宗教を体制から切り離して、基本的に個人のものとした。現在もカトリック信者はキリスト教の最大多数勢力であるが、教会組織は国家社会体制の中の一部を占めるものでしかない。現状から見れば、ルターに始まる宗教改革は結局、世俗化社会における宗教の在り方を形成したということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

株価15連騰、新記録

先週木曜日19日の日経平均は13日続伸、終値は前日比85円高の21,448円。13連騰は1988年2月10~27日以来29年8ヵ月ぶり、歴代2位の記録に並んだ。続く金曜日20日の日経平均は14日続伸、終値は前日比9円高の21,457円。14連騰は1960年12月21日~61年1月11日以来56年9ヵ月ぶり、歴代最長記録に並んだ。

そして衆院選投票日が終わり、週明け本日23日の株価は選挙の与党勝利、最高値更新の続く米国株などに支援されて上昇。日経平均の終値は前週末比239円高の21,696円、15連騰の新記録を達成した。

今月10月の株価は値を下げた日の無いまま、ここまで推移している。しかし10月は、マーク・トウェインの言う「株投資には特に危険な月」だ(・・・作家は「危険な月」として10月に続いて他の月を次々に挙げて、結局株投資は一年中危険だというオチが付く)。今年は1987年10月19日の米国株大暴落、ブラック・マンデーから30周年。1997年のアジア通貨危機、2007年のサブプライム・ショックなど、7の年は危機の年という話もあったが、2017年は今のところ金融・資本市場に大きな波乱は起きていない。

日経平均は1990年代バブル崩壊時代の反騰局面に付けた、1996年の戻り高値22,666円まで、あと1,000円という水準。この高値を取れば、1997年以降続いてきたデフレから、ようやく日本経済も脱却したという実感が伴ってくるのではないか。

(追記)日経平均は24日も上昇し16連騰達成。25日は反落し、連騰記録は16でストップした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

無党派票、立憲民主に集中?

衆院選の比例区で、無党派の票が立憲民主党に大挙流入する可能性が出てきたと、日刊ゲンダイDIGITALの本日付発信記事が伝えている。自分も比例は立憲民主でいいか、と思っていたところなので、やっぱりおいらは典型的無党派層だなと納得である。同記事からメモする。

朝日新聞が17、18日に実施した世論調査に自民党が衝撃を受けている。「比例区の投票先はどこか」と政党名を挙げて聞いた結果は、自民は34%と2週間前(3、4日)の35%とほとんど変わらなかったが、立憲民主党が7%から13%へ倍増しているのだ。

朝日新聞の調査は、9月26、27日も行われている。自民は32%→35%→34%、希望も13%→12%→11%と、ほとんど数字が動いていない。要するに、これ以上、支持が広がらない頭打ち状態。なのに、立憲民主党だけがグングン数字を伸ばしているのだ。

「まだ投票先を決めていない」有権者は、29%→27%→23%と少しずつ減っている。無党派が立憲に流れているのは間違いない。いざ投票となったら、まだ23%いる「投票先を決めていない」無党派が雪崩を打って立憲に「比例票」を投じておかしくない。23%の半分が上乗せされるだけでも、立憲は24%となる。

定数176の比例の議席によって選挙結果もガラリと変わってくる。立憲民主党は、比例だけで40議席を大きく超える可能性が高い。
政治評論家の本澤二郎氏が言う。
「立憲民主党は選挙区に63人、比例単独を15人擁立しています。たとえ選挙区で負けても、次々に比例復活し、結果的にほぼ全員当選という事態もあり得ます。もし、立憲が50議席以上を奪って野党第1党になれば、選挙後にも絶大な影響力を発揮することになります」

・・・個人的には立憲民主支持の、ここまでの拡がりには意外感がある。「リベラル」に期待する人は、もうそんなに多くないだろうと思っていたので。こうなると、党首に対する信頼感の違いかなという感じもあり、「リベラル」に懐疑的なワタシも、比例区では枝野代表に入れるつもりで立憲民主党に一票投じようかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

保守とリベラル、何が何だか

「政治の世界で使われる保守やリベラルという言葉の定義は必ずしも明確ではない。なかでも使う人や文脈によって意味が変わり、中身が分かりにくいのがリベラルという言葉だ」――19日付日経新聞政治面記事(「保守」「リベラル」曖昧)が指摘している通りだな、と思う。同記事から、保守とリベラルの定義についての識者の意見をメモする。

保守やリベラルは定義が曖昧で、時代とともに変わっている。保守は伝統や手続きを重んじ、自民党が掲げてきた。リベラルは冷戦終結後に保守と革新の対立が成立しなくなり、自民党の保守の対抗概念として打ち出されたものだ。
本来、リベラルは個人の自由を重んじ国家の役割を小さくする立場。日本では憲法改正反対などがリベラルとされており、本来の意味とは少し異なった使われ方をしている部分もある。(岩井奉信・日本大教授

リベラルは権力を持つ人間から価値観を押しつけられない、干渉されないという立場だ。
保守は常識や経験知、慣習などを重んじる考え方を指す。原点はフランス革命を疑ったことにある。
合理主義を進めれば良い社会になるという近代主義的な左派の思想を疑い「常に人間は間違える可能性がある」と考える。(中島岳志・東京工業大教授

経済政策での「保守」は、政府の関与を抑えて市場に委ねる小さな政府をめざすことを、「リベラル」は政府主導で需要をつくる大きな政府を志向することを、それぞれ意味する。自民党は保守政党とされるが、政府主導で賃上げや働き方改革を促しており、経済政策ではリベラルの色が濃い。野党も希望の党が掲げる企業の内部留保の活用や、日本維新の会が持論とする教育無償化など、リベラルな政策は多い。(小峰隆夫・大正大教授

・・・「自主憲法制定」を結党以来の党是とする自民党。「保守」を掲げる政党が改憲を志向するのに対抗して、護憲を打ち出す政党は「リベラル」となる。というのも分かるような分からんような。
経済政策では、財政出動や社会福祉などに積極的な、大きな政府を志向するのは「リベラル」。政府の役割は小さくして市場に任せるのが「保守」ということだが、これが「市場原理主義」まで突き進むと「ネオリベラリズム」(新自由主義)と呼ばれたりする。どうも「リベラル」と「リベラリスム」は別物らしい。こうなるともう何が何だか。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

民進党分裂でスッキリ感

安倍首相の強引とも見える衆議院解散が、急激かつドラスティックな野党再編を誘発して、解散時には思いもよらなかった選挙戦の構図が出現した。以下に本日付日経新聞の社説(政策本位の野党再編であれば悪くない)からメモ。
 
民進党が保守系とリベラル系に分裂した。希望の党への合流を巡り、排除された枝野幸男代表代行らが新党結成へと動き出した。衆院選目前のドタバタ劇にはあきれるが、結果として政策本位の野党再編につながるならば必ずしも悪い話ではない。
 
民進党の前身の民主党は1996年、保守系の新党さきがけとリベラル系の社民党の出身者によって生まれた。自民党出身者らもなだれ込み、この20年あまり、終始一貫して「寄り合い所帯」の感があった。
憲法や外交・安保などの政策課題で党内に常にあつれきがあり、協議をしても結論を先送りすることが多かった。
リベラル系の離脱によってようやくすっきりしたといってよいだろう。
 
この結果、今回の衆院選は保守系の自民・公明、希望・維新、リベラル系の民主・共産の三つどもえになることがほぼ確定した。選択の構図がくっきりし、有権者は投票しやすくなった。
 
・・・以前の野党4党(民進、共産、社民、自由)共闘には、個人的には違和感しかなかったので、3極に整理されて分かりやすくなったのは結構なことだと思う。しかし好き嫌いは別にして、小池都知事は大したもんだな。細川、小沢、小泉に学んだ政治テクニックを総合的に(劇場政局の剛腕展開とでも言おうか)実践している感じだ。この小池氏の突破力に、前原民進党代表の文字通り破壊的とも思える決断力が加わり、有権者に対する「非自民、非共産」の選択肢提示が実現化したといえる。リベラルは所詮批判勢力でしかないのは明らかで、政権担当能力を有する保守二大政党に向かうのは時代の流れだろう。希望・維新の代表は二大都市の知事でもあり、「地方分権」を重視する保守政党として、自民党との違いを打ち出すことは可能だと思われる。一方で、希望・維新は「改憲勢力」であることから、意外と安倍自民党の目指す憲法改正が進めやすくなる可能性もある。唐突に決まった感のある今回の衆院選だが、日本政治の意外に重要な分岐点となる可能性もあるような気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

関ヶ原合戦のリアル(その3)

関ヶ原合戦の布陣図というと、明治時代の陸軍参謀本部作成の資料図が利用されることが多い。しかし、その図に史料的根拠は全く無いという。白峰先生の想定では、石田方本隊は山中に密集した形で東向きに布陣。先に山中に着陣していた大谷隊は関ヶ原まで前進。また小早川隊は松尾山の麓に降りていた可能性がある。家康方主力も関ヶ原に進出、ついに決戦が始まる――雑誌『歴史群像』10月号、白峰旬先生寄稿「関ヶ原合戦の真実」からのメモを続ける。
 
伊達政宗書状には「15日未明、家康方軍勢は山中に布陣する石田方軍勢に対して無二に切りかかって押し崩し」とある。吉川広家自筆書状案でも「家康方軍勢が山中へ押し寄せて合戦に及び、即時に討ち果たした」とあり、近衛前久も「家康方軍勢が即時に切りかかって大勝利であった」と記している。通説と異なり、石田方本隊が開戦から短時間で壊滅したことは間違いない。
 
石田方本隊の大垣からの転進と山中布陣の目的が、南宮山の毛利勢と連携して家康方を挟撃する態勢を取ることにあったとすれば、家康方主力が15日早朝に関ヶ原へ展開し、開戦となったことは想定外であり、不意を突かれた石田方は一方的に攻め込まれ、短時間で敗北してしまったのだろう。
また、小早川秀秋の裏切りのタイミングについても『16・7世紀イエズス会日本報告書』には、開戦と同時に行われたと明記されており、一進一退の攻防戦が秀秋の裏切りで一気に決したというのも後世の俗説なのである。
 
(合戦の概要)
9月15日早朝、家康方軍勢は関ヶ原にまで進出。福島正則・黒田長政の手組を先備とする家康方先手勢は山中の石田方本隊の前面に展開し、徳川本隊はその後方で大谷吉継隊と相対して布陣した。そして夜明けとともに、徳川本隊が攻撃を仕掛け、大谷隊は必死に応戦。だが、ほどなく、小早川秀秋隊が背後から突如として大谷隊を攻撃。大谷隊は殲滅され、吉継は戦死を遂げた。
そして、午前10時頃、家康方先手勢も山中の石田方本隊の宇喜多隊・石田隊に対して攻撃を開始する。2時間ほど経った昼12時頃までには宇喜多・石田両隊は追い崩され、ある程度密集して布陣していた石田方本隊の各備は、ドミノ倒しのように次々と各陣を突き崩されてしまう。
石田方本隊の先備は壊滅し、二番備の島津義弘勢は退却を決意。家康方先手勢の「猛勢の真中へ」攻めかかり、東側への突破を図る。義弘主従はからくも突破に成功し、残った家臣と共に、そのまま伊勢街道から撤退していった。
 
・・・このように可能な限り関ヶ原合戦の姿をリアルに描き直して提示されると、確かに今までの通説は単なるストーリーでしかないな、という感じになる。一次史料の制約の中で史実を復元するのも容易ではないと思われるけど、今後も白峰先生ほか専門家の方々のさらなる研究の進展を期待するばかりだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

関ヶ原合戦のリアル(その2)

石田方本隊は大垣城を出て関ヶ原へ向かう。しかし徳川3万の軍勢到着に怖じ気づいた毛利勢が、早々と家康に「降伏」していたことは、石田三成にとって大いなる誤算だった。雑誌『歴史群像』10月号、白峰旬先生寄稿「関ヶ原合戦の真実」からのメモを続ける。
 
一方、美濃口の石田方本隊、すなわち石田三成ら大垣籠城衆にとっても、すぐ北に現れた大軍は脅威であった。
14日の夜、戦況は大きく動き出した。石田方本隊が突如大垣城を出て「外曲輪」(そとぐるわ)を焼き払い、関ヶ原方面へ移動を開始したのである。
 
伊達政宗は石田方の転進について「大垣城への『助衆』(南宮山の毛利勢)に対して合戦を仕掛けるため、家康が14日に赤坂近辺へ陣を進めたところ、大垣城に籠城していた衆が夜陰に紛れて(大垣城を出て転進し)美濃の『山中』というところへ打ち返して陣取りをした」と家臣に説明している。
この「山中」とは関ヶ原盆地の南西、現在の岐阜県不破郡関ヶ原町山中一帯を指す地名である。
 
14日時点の家康の作戦は、福島正則・池田輝政らの家康方先手勢が大垣城の攻囲を続けつつ、家康自身(徳川本隊)が大垣城の後詰で来援した南宮山の毛利勢を撃破するというものである。その点を考慮して石田方の意図を考える必要がある。
山中に布陣した石田方本隊は、家康が南宮山の毛利勢に対して攻撃を仕掛ければ、その背後もしくは側面に回り込み、徳川勢を南宮山の毛利勢と挟撃するつもりだったのではないだろうか。
 
ところが、そこに予想外の事態が起きる。土壇場で吉川広家が家康に対して「降伏」に近い形で攻撃中止を取り付けたのである。当面、南宮山の毛利勢との戦闘を回避した家康は、大垣城の石田本隊が関ヶ原方面へ転進したという報に接すると、石田方本隊の捕捉・撃滅に作戦を変更、大垣城攻囲中の先手勢も含めた家康方主力を関ヶ原方面へ向かわせたのだ。南宮山の毛利勢がすでに家康方に「降伏」しているなど考えもしていない三成らにとって、家康方主力が関ヶ原に進出してきたのは想定外の事態であったに違いない。
 
・・・石田方が大垣城を出た理由は、通説では西進する気配を見せた家康方を関ヶ原で迎え撃つため。なのだが、白峰先生の説によれば、家康の南宮山(毛利)攻めに備えた動きということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

関ヶ原合戦のリアル(その1)

主に軍記物をベースに組み立てられた関ヶ原合戦の「通説」に対して、一次史料による見直しを進めている白峰旬先生。雑誌『歴史群像』10月号への寄稿「関ヶ原合戦の真実」の中で、合戦の新たな姿を提示している。まず決戦当日(1600年9月15日)直前の、家康方と毛利勢の動きについてメモする。
 
東海道を西上していた家康率いる徳川本隊は9月11日に清洲へ着陣した。
この時点での家康の具体的な作戦については、関ヶ原合戦後の9月26日頃に書かれたと推定される伊達政宗の書状に詳しい。このなかで政宗は、家康方の作戦について、「(石田方本隊が籠もる)大垣城への押さえに以前から岐阜表に陣取りをしている衆(福島正則・池田輝政など)を差し向け、南宮山の毛利勢は家康自身(徳川本隊)が討ち果たすつもりである」と述べている。
 
毛利勢の撃破という明確な意図の下、家康は美濃へ軍を進め、13日には岐阜へ、翌14日、すなわち決戦の前日には、大垣の北に位置する赤坂へ進出した。この家康の着陣が石田方に大きな動揺をもたらすことになる。
 
まずは毛利勢である。家康方先手勢に攻囲された大垣城の救援のため、ひとまず南宮山に布陣したが、家康率いる徳川の大軍の出現という想定外の危機に陥る。その兵力差は歴然で、正面から対戦するのは圧倒的に不利な状況であった。そのため、家康との決戦を回避しようと動いたのが吉川広家である。
 
通説では、かねてより家康方と内通していた広家が9月14日に起請文を提出して毛利勢の合戦不参加を申し入れ、15日の合戦では広家のサボタージュ行為により、毛利勢は参戦できなかったとされている。
しかし、実際のところ、広家が行ったのは南宮山の毛利勢への攻撃中止を求める工作に過ぎない。端的に言えば、家康直率の徳川本隊の攻撃を恐れて家康に「命乞い」をしたのであり、とても対等な立場で交渉したと言えるものではなかった。
 
・・・南宮山は大垣城の西、中山道の垂井の南に位置する。さらに垂井から西に進むと関ヶ原である。家康は自ら徳川の大軍3万を率いて、南宮山に布陣した毛利勢を攻める予定だった。この「家康の後詰決戦構想」は、白峰先生が上記寄稿で初めて示したとのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ルドルフ一世の志